自動車交通の発達は、生活の利便性をもたらしている反面、交通事故の多発という事態を招いています。また、高齢化社会の到来により、交通事故の犠牲となる高齢者が増加しているほか、高齢運転者が加害者となる事故が増加しています。

今日の事業活動で、自動車は必要不可欠なものでありますが、ひとたび事故を起こせば、多額の損失をもたらすほか、社会的信用を大きく失墜します。

『安全なくして繁栄なし』を合い言葉に、自動車の安全運転に必要な管理体制を確立して、「くるま社会」の中で企業としての責任を果たし、地域社会の交通安全に寄与していただくようお願いします。

PDF形式のファイルをご覧になるには、アドビリーダー(無償)が必要です。お持ちでない方は下のボタンをクリックするとダウンロードページへ進みます。